蒼き星の守護者 第2章—15— エピローグ

 イナク村から帰ってきてからしばらくしたある日の朝、ウィルはクラウに街の外の人気がないところに呼び出されて剣の稽古に付き合っていた。クラウの大剣を使った重たい剣撃と、それを柔軟に受け流すウィルの刀がぶつかり合い、心地よい金属音を奏でる。クラウも王国の中では有数の剣の使い手ではあるが、ウィルはその攻撃を簡単に受け流し、たまに寸止めではあるが斬撃をクラウに仕掛けていた。やがて疲れたのかクラウは降参するように両手を挙げると疲れたのか地面にあぐらをかいて座った。

「はあー、疲れた。やめだやめだ!」

「お疲れ様です」

「やっぱお前強いわ。全然勝てる気がしねえー」

「クラウさんだってかなり強いじゃないですが」

「そんな慰めはいらねぇよ。自分よりも若い奴に負けるなんて俺もまだ精進が足りねぇな」

「俺でよければいつでも稽古に付き合いますよ」

 そう言うとウィルもクラウの近くに腰を下ろして休んだ。ウィルもクラウも暫く鳥の囀りや草木の擦れる音に耳を傾けながら休んでいた。そしてしばらく立った時にクラウが口を開いた。

「なあウィル、お前は星の守護者なのか?」

「・・・どうしてそう思うんですか?」

 星の守護者という一般的には全く聞きなれない言葉にも関わらずウィルはクラウにそう思った理由を訪ねた。

「俺がまだ王国騎士団に入団したばかりの頃、ブルメリア王国よりもずっと北にあるインファタイルっていう国と戦争してたんだ。インファタイルがあるジェリド大陸はオーパーツが沢山眠っているからか、その戦争にも大量のオーパーツを投入してきてな・・・。結構やばかったんだ」

 クラウの話をウィルはずっと黙ったまま聞き続ける。

「それで本当に負けるって思った時に急に空から女が降ってきやがったんだ。そしてその女はたった一人にも関わず凄まじい剣術であっという間にインファタイルの軍を壊滅させて去っていった。俺にはその女が何者なのか、何であの場にいてインファタイルの軍を壊滅させたのかもわからなかった。ただ団長が言ってたんだ。あれはこの星の守護者だってな。星の守護者がいまいちなんなのかは未だにわからねぇが、その時の女は遺跡の中でお前が使っていた剣術と全く同じものを使っていたぜ。ちょうどお前が持っているのと同じような剣でな」

「そうですか・・・」

「なぁウィル、星の守護者ってのはなんなんだ?お前は俺達の敵か?味方か?お前は星の守護者なのか?」

「・・・。星の守護者については何も言うことはできません。ただ、確実に言えることは俺は星の守護者ではありません。今はシャムロックに所属するただの新米ディガーですよ」

「・・・そうか。変なこと聞いてすまなかったな」

「いえ、気にしないでください」

「さて、と、そろそろラスの朝飯が出来たころだな!シャムロックに戻るとするか!」

 朝から運動して腹が減ったのかクラウは立ち上がるとヴィオラの街の方へと歩いて行った。

「クラウさんは先に帰っていてください。俺はもう少しだけ休んでから戻ります」

「おう、わかった。あんまり待たせるとラスが拗ねるからなー。そんなに長居すんじゃねーぞー」

ウィルは少しだけその場に残ってどこか懐かしいような、そして悲しいような表情で風に揺らぐ草を眺めていた。

「星の守護者・・・か」

–ウィル編第二章「あの空にもう一度虹を架けて」 完–

蒼き星の守護者 第2章—14— 虹の滝

 宴から一夜明け、ウィル達が外に出てみるとそこには昨夜の雨を蓄えて潤っている地面があった。そして昨夜の雨とは対照的に、作物を育てるには水の次に陽の光が必要だろうと言わんばかりに空からは日差しが指していた。

「おー、おー!本当に地面が濡れているよー!」

 メルトはまるで小さい子供の頃に戻ったかのように昨夜の雨でできた水溜まりでぱしゃぱしゃと足を踏んではしゃいでいた。メルトの楽しそうな様子を見て、村の子供達もそれに混じって一緒に遊び始めた。メルトは子供たちにそれー!と水をかけると子供達はきゃっきゃっと言って喜び、そしてメルトに水をかけ返した。

「やったなー!がおー!」

 メルトが冗談っぽく威嚇するポーズを取ってみせるとそこから今度は追いかけっこが始まった。その後村の子供が濡れた地面で滑って擦りむいてしまい、ラスに手当てをされていることは容易に想像できた。そんなことをしていると遠くから歩いてきたコルネがこちらを見つけ、小走りしてきた。

「皆さんおはようございます!昨日はよく眠れましたか?見てください、みなさんのおかげで乾いていた土地に潤いが戻りました。本当にありがとうございました!」

 そう言うとコルネは深々と頭を下げてきた。

「コルネさん、よかったですね。もしこの村の果物が取れたら食べに来てもいいですか?」

「ええ、もちろんです!ウィルさん達に喜んでもらえるよう、これからまた皆で頑張って畑を作ってきます!」

「この村の果物は本当に美味しいって評判だったから一度食べてみたかったのよ!」

「フェルナさんも是非いらしてください!」

 今のコルネは最初にギルドに入って来た時とは違って素敵な笑顔に溢れていた。ウィル達はそんなコルネに付いて回り、再興に励む村の様子を見ながら話していた。その途中で裏の森の方から村の子供が数人ウィル達の方へと走ってきた。

「メルトお姉ちゃん、ラスお姉ちゃん、コルネお姉ちゃんも!ちょっとこっち来て!」

 そう言うと子供達はメルトとラスの手をぐいぐい引っ張った。

「ちょっとちょっと、どうしたの?」

 その子供達はメルト達をどこかに案内したがっているようだった。子供達に引っ張られるメルトとラスの後ろにコルネとウィル達も付いていった。子供達はメルトやラスの手を引きながら森の中を急いで走っていく。

「そんなに走ると危ないよ?」

「わっわっ、待って、そんなに急ぐと転んじゃうって!」

 そして子供達に付いていき森の奥へ行くと、そこには昨日遺跡に行く途中に通った滝があった。しかし、そこにあった滝は昨日見たものと全く様子が違ってまるで別の場所に来たかのように錯覚した。

「うわあ、綺麗!」

「でしょでしょー!これをお姉ちゃん達に見せたかったんだー!」

「すっごく綺麗なの!」

「本当に綺麗・・・」

 そこに広がっていたのは滝に架かる七色に輝く大きな虹だった。

蒼き星の守護者 第2章—13— 集積の篭手

 篭手のオーパーツを持って帰ってきたウィル達は尊重の家の一室を借りてその力を調べていた。今この部屋にいるのはウィルとクラウ、フェルナの三人だけで、ラスは持ってきた食材で村の人達に料理を振る舞い、メルトは少し元気になった子供達と一緒に遊んでいた。

「本当にこの篭手が辺りの水を吸っちまったのか?」

「私にはこんな小さい篭手に大量の水が吸い込まれるなんて思えないんだけど・・・」

「でも確かにこの篭手は遺跡の天井から滴り落ちた水を吸収していました。ちょっと待っててください。」

 篭手を自分の正面に置いたウィルは詠唱をする振りをしつつ、古代魔法”水鞠”によって小さな水の玉を空中に生成した。すると空中に生成された玉は重力によって地面に吸い寄せられた他に、篭手の力によってそちら側へと吸い寄せられ、やがて篭手についている紅玉へと吸い込まれていった。

「ほー、本当に吸い込んじまいやがった」

「こんな小さな宝石の中に水が入るなんてね・・・」

 フェルナは篭手を持ち、篭手にはめられた紅玉を覗き込んだり叩いたりしていた。

「でもこれが本当に水を吸い込んでいるってわかったところでどうするつもりなの?別の場所に持っていったところでそこがまた同じ被害に遭うことになるだろうし」

「昔文献で読んだことがあるのですが、オーパーツの中には特別な力を持った3つのものが存在するらしいんです。そのうちの一つの特徴について、その文献には有体物、無体物に関わらず無限に集積することができると記されていました。もしかするとこの篭手はそのオーパーツなのかもしれません」

「集積か。だったらその逆もできるかもしれないってことか」

「はい、その通りです。試しに少し出してみますか。やり方はおそらく他のオーパーツと同じだと思います。今まで見つかっている全てのオーパーツはその力を発動させる条件が二つあります。一つは力を使いたいオーパーツと自分の体が接触していること。そしてもう一つは・・・」

 ウィルはその篭手を手で持って立ち上がった後、手を前に突き出して目を瞑った。すると篭手の紅玉の部分から大量の水が流れ出てきた。そしてウィルはゆっくりと目を開いて言った。

「その力を使いたいと念じることです」

「おー、本当に水が出てきやがった」

「流石はシャムロックで一番のディガーね!一人しかいないけど」

 クラウもフェルナもウィルに感心しているようだった。

「オーパーツの力は生き物が接触し、そのオーパーツが持っている力と合致することを念じなければその効果は発動しません。きっと遺跡に迷い込んでしまい、喉が渇いた動物が水を飲みたいとでも願いながらこの篭手に触れてしまったのかもしれません。」

「なるほどねー。じゃあ今はもう水を吸い込むことは無くなったってこと?」

「ええ、そのはずです。」

 ウィルはそう言うと先程と同じように水鞠を使い、空中に水の玉を生成した。すると今度はその篭手に吸い込まれることなく床へと落ちていき弾けた。

「これで干魃の問題も無事解決ってことか」

「そうですね」

「それじゃあこのことを村長やコルネに報告しないとね!」

「せっかくですから村の広場で皆さんに説明しましょう」

「じゃあ俺は皆を呼んでくるわ」

 そして少し時間が経ち、ウィル達や村の人々は村の広場に集まっていた。ラスやメルトのおかげでこういう所に顔を出せるまで元気になったのか、最初にこの村に来た時よりも人が多い気がした。村の人達はこれから何が起こるのかわかっていないようで少しだけざわついていた。

「静かにするんじゃ!村の皆よ、我々は長い間土地の乾きと飢えに苦しまされてきた。しかし、ここにおられるシャムロックの方々が干魃の原因を突き止め解決してくださったようじゃ」

 村長がそう言うと一旦静かになった村人達はより一層ざわついた。解決したと言葉で告げられても未だ大地に潤いは戻ってきていないため、皆にわかには信じられず、中には野次を飛ばす者などその内容は様々だった。ウィルは村人達を安心させるために立っていた広場の中央から少しだけ前に進み、篭手のオーパーツを取り出した。ウィルの行動を村人たちは静かに見守った。

「皆さん、私達は川の上流にある遺跡から、この辺り一帯の水を奪っていた原因であるオーパーツを見つけました。それがこれです」

 ウィルはオーパーツが水を奪っていたことを説明するために水鞠を使い、水が吸い込まれていく様子を見せた。その後、オーパーツに対して水を吸収しないように、と念じた。

「今水を吸収することを封じたのでこのオーパーツが水を吸い込むことはもうありません」

 すると再び水鞠を使い、今度は水が吸収されないことを村人達に証明した。すると今まで静かにしていた村人達が一斉に喜びの声をあげた。村人達のそのような様子をみたクラウとフェルナは互いに顔を見合わせて笑い合い、ラスとメルトは二人で手を合わせて喜んでいた。村人達と同じようにウィルのやったことを見ていた村長とコルネはひと目もはばからずに涙していた。

 村中に歓喜の声が響いていたその時、この出来事を祝うかのような恵みの雨が皆の乾きを癒すかのように降り注いだ。村人達は大いに喜び、雨が降っているにも関わらず広場ではしゃぎ続けた。そしてその日の夜には村長の家に村人全員が集まり、ウィル達に対する感謝の宴が開かれた。

蒼き星の守護者 第2章—12— 解き放たれた驚異の剣術

 その場にいる誰もがウィルの驚異の一撃に目を奪われていた。辛うじて目で捉えることができたウィルの閃光の如き斬撃は怪物の石の手を綺麗な平面で切断していた。そのあまりの凄まじさにかつて王国騎士団の精鋭として名を馳せたクラウでさえも驚きを隠せなかった。それと同時に強大な闇ギルドフアラを壊滅させた、いや・・・それ以上のウィルの実力を思い知ることとなった。

「ぐお゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛!!!!」

 自らの腕が切断されるなど微塵も思っていなかったその怪物は大きな声で悲鳴ともとれる咆哮を上げた。その怪物は体制を立て直すと標的をクラウからウィルに変え、残った右腕による爪の斬撃と巨大全体を使った突進で猛攻を仕掛けてきた。

 しかしウィルはこれらの攻撃を完全に見切り、全て紙一重で交わすと同時に無数の斬撃を叩き込んでいった。そして怪物の体は石でできているにも関わらず、ウィルの刀による無数の軌跡が刻まれていった。次第に怪物の体の損傷は大きくなっていき、遂には膝から崩れ落ちた。

「なんて強さだ・・・」

 自信もその一員として王国騎士団も含めて最強の剣士達を見てきたが、ウィルの強さ、剣術はそれらを遥かに凌駕するものであった。

 ウィルの強さに驚いているのは、つい先日のフアラとウィルの戦いを見ていたラスとメルトも同様だった。その強さはフアラと戦った時の体術と魔法の比ではなかった。おそらく体術よりも魔法よりもこの剣術こそがウィルの戦いの真骨頂なのだろう。

 膝から崩れ落ちていた怪物は辛うじてその活動を維持していた。ウィルには敵わないことを悟ったのか、特に攻撃してこようとせずにウィルの方を警戒して見ているだけだった。

しかし、その怪物は唐突に攻撃の矛先を、呆然としていてまだ近くにいたクラウに急に向け、せめて一人でも屠ろうと最後の力を全て振り絞って突進してきた。ぼうっとしていたクラウは咄嗟に動くことができなかった。しかし、またしてもウィルがクラウと怪物の間に立つと、その石の巨体の突進を片手で受け止めた。自らの巨体の突進を小さなウィルに片手で止められてしまった怪物は尚も力をいれ、ウィルを押し返そうとしてきた。だが、ウィルが力を入れるとそのまま後ろに仰け反った。そして次の瞬間、力を込めたウィルの渾身の袈裟斬りによって身体を両断され、遂には目の光が消え失せて動かなくなった。

 怪物が動かなくなったことを確認すると、ウィルは刀を鞘に収め、再び留め具によって厳重に固定した。そしてマナによる身体強化を解くと、精神を落ち着かせるように目を瞑って深く息を吐いた。

 ウィルの圧倒的な戦いを見ていた四人は怪物が完全に倒されてからもしばらく動けずにいたが、やがてメルトが口を開いた。

「ウィル君すっごーーーい!!!あんな怪物まで簡単に倒しちゃうなんて!!!あれ?でもその剣は使えないって言ってなかったっけ?」

 メルトは出会った当初にウィルがその腰の刀を飾りみたいなもの、使えないと言っていたことを思い出した。

「ああ、あれは嘘を言った訳じゃないんだ。ただ・・・、普段は使えないんだよ」

「どうして?そんなに強いならそれで戦った方が楽なのに」

「大切な人との誓いがあるから・・・だからこの剣は大切な人を護るときにしか使わないって決めたんだ。それとこの剣を使って人や命あるものを無駄に傷つけることもしないって」

 ウィルはそう言って刀をそっと握った。

「さてと、クラウさん大丈夫ですか?」

「ああ・・・、助かったぜ」

「クラウ、大丈夫!?」

 怪物の攻撃を受けてしまったクラウを心配してフェルナが駆けつけてきた。余程心配だったのかフェルナらしくない表情を浮かべていた。

「なんとかな・・・、いてて・・・」

「って脇腹から血が出てるじゃない!?」

「ああ、これか。さっき吹っ飛ばされたときに軽くやっちまったらしい」

「早く村に帰って手当をしなきゃ・・・」

「なーに、これくらい平気だって」

 フェルナがとても心配そうな表情でクラウの怪我を見ていると横からウィルがそっと近づいてきてクラウが怪我をしている箇所に手をかざした。すると、ウィルの手が優しい緑の光に包まれ、クラウの傷口がみるみるうちに塞がっていった。その光景にクラウとフェルナは目を見開いて驚いていた。

「これは・・・」

「少しだけクラウさんの細胞を活性化させて傷口を塞ぎました。完全に治っている訳ではないのであまり無茶はしないでくださいね」

「すまん、助かった」

「ねぇウィル、今のは・・・」

「まあ、いわゆる魔法ってやつです」

「まじか、反則だろ」

「驚異の剣術に加えて魔法まで使えるなんて・・・とんでもない新入りが来たもんだね。これはうちのギルドも安泰ね」

「ちょっと、ウィル!魔法は内緒だったんじゃないの?」

 魔法のことは秘密だと約束したのにウィル自らが明かしてしまったことにラスは少しだけ怒っていた。

「え?まあ、魔法なんて習得した人なら使えるものだし」

「嘘!ウィルの魔法は普通の魔法と違うって言ってたじゃない」
「あ・・・」

「お姉ちゃんの馬鹿・・・」

「あ、そういえば確かに魔法の割には詠唱も無かったしなんか変だったねー」

「え!?あ、あはは、気のせいじゃないですか?」

「うーん、そうかなー」

「まあ、皆無事だったんだしいいじゃねぇか、それより早くオーパーツを回収して村に戻って調べてみようぜ」

「あ、すっかり忘れてた!」

 そう言うとメルトは再びオーパーツの元へと走っていた。

「ちょっとメルト!また何も考ないで!さっきみたいにまた何か起きたらどうするのよ?」

「へーきへーき!流石にもう大丈夫だって!」

 メルトは再びオーパーツの篭手を掴んで台座から引き離そうとした。すると、先程までがっちりと固定されて台座から離れなかったのが嘘のように簡単に取ることができた。そして今度は特に何も起きることはなかった。

「オーパーツゲットー!」

 オーパーツを手に入れたメルトは高らかと掲げた。

「じゃあとりあえず村に帰ってから調べてみようか」

 オーパーツを無事に手に入れた五人は、村の干魃の原因がオーパーツによるものなのかを調べるためにひとまず村へと帰ることにした。