蒼き星の守護者 第1章-09-[闇の中で生きる者達](2)

 闇の中で生きる者達(2)

1話に戻る
←前へ 目次 次へ→

 扉の向こうには外から帰還した直後にくつろげるようにするためか、雑多に長椅子や丸机が置かれている空間が広がっていた。その空間には丸机の周囲には3人ほど酒と干し肉を摘みながら今日の疲れを労いあっている男達が三人ほどいた。そしてその男達は扉が開いたところを見てまた仲間が仕事から帰ってきたのかと思い、そのささやかな宴に迎え入れる準備をしようとした。しかし、三人の目に入ってきたのがこのギルドの仲間ではないことに気が付くと近くにあった各々の武器を手にかけ部外者を迎え撃つ準備をしようとした。しかし、扉から入ってきた男――ウィルの方が先手を打っていた。もうラスのことを気にかける必要のなくなったウィルは古代魔法”紫電”によって三人の男達を瞬時に無力化した。

 男達を片付けた後ウィルは周囲を見渡し、建物の中の構造及び人の配置を入念に把握していた。便利な古代魔法を扱えるからといって油断すれば危険な目に会ってしまう・・・ウィルはそういうことを理解し己の力を過信せずに慎重に事を進めていた。

「いくつかの小部屋があるようだが、今は奥の大部屋に大体の人が集まっているみたいだな」

どうやら、今この建物の中の人はほとんどか何らかの目的で奥の方にある大部屋に集まっており、そこにメルトもいるようだった。おそらくメルトを拘束して何らかの詰問でもしているのだろう。時折メルトの声とそれに混じって小さい子供の声が二つほど聞こえてきた。声から少しばかり疲労しているように思えたが、特に深刻な状況に陥っているわけではなさそうだった。とはいえあまりこの状況が続くとメルト達に危害が及びかねないのでウィルは急いでメルト達の声がする大部屋の方へ向かった。

その大部屋は長い通路の突き当たりにあり、扉のようなものがなかったためウィルは気づかれないように気配を消して少しばかり手前の脇の通路から部屋の様子を覗った。するとウィルから見える位置、部屋の入口から見て右側の壁際の柱にメルトと小さな男の子と女の子が縛り付けられていた。

「離せよ!」「離すの~!」

「ったく、うるせぇガキだな!」

「あぐっ」「ひっ」

 そういうとメルト達の脇に立っていた音が軽く威嚇程度にその男の子の頭をひっぱたいた。

「やめて!アレンとサーシャに手を出さないで!」

 男がアレンに手を出したのを見てメルトはアレンを庇うように縛られていた体を動かせるだけ動かしてアレンと男の間に上半身を割って入れた。

「あぁっ?んだよ、じゃあ早くオーパーツの場所を吐けよオラァ!!」

「あんたになんか言うわけないでしょ!」

「んだとこのクソガキィ!」

「まぁまぁ、落ち着いてください」

 ウィルがそろそろ無理矢理にでも入っていかないとまずいかと思ったそのとき、一人の透き通った男の声が大部屋に響き渡った。それと同時に大部屋から聞こえてきた全ての音が消えた。

「無駄に怯えさせては可哀想でしょう。こういうことをやるときにはちゃんとしたやり方があるんですよ」

 透き通った声だが声の奥底に不気味なほどの冷たさを感じる。この男の声で周りの男たちが静かになったことを考えるとおそらくこのギルドのマスターといったところだろうか。ウィルはその男の姿は死角にあるため見ることができなかったが、視界に入っているギルドの男達の緊張している様子を見ると並大抵の男ではないのだろうと感じていた。

(どうする?今すぐ閃光魔法で目を眩ませてメルトと一緒にいる子供を助けるか、それとももう少しだけ様子を見るか・・・)

ウィルはもう少し相手の戦力を推し量るかどうかをギルドマスターだと思われる男の出方を見ながら考えていた。

「先程からの部下の無礼をお許し下さい。自己紹介が遅れました。私、このギルド、フアラのマスター、グリンデュアと申します。」

 言葉だけを考えればなかなかの紳士のような印象を受けるが、先程からまとわりついてくる冷たさがメルト達に悪寒を感じさせていた。

「さて、お嬢さん。こちらの私の部下たちなのですが、貴方たちがオーパーツを持って逃げたと証言していましてね。そのことについて何か存じ上げませんか?これぐらいの丸い装飾品なのですが・・・。」

そう言って両手でリンゴくらいの大きさの丸を表現したグリンデュアのすぐ後ろには先程メルト達を散々追い掛け回していたゴロツキ達の姿があった。ゴロツキ達はメルト達を追いかけていたときの必死な表情とは違い、今は余裕を持った気持ち悪い笑みを揃って浮かべていた。

「し、知らない。確かに最初は持っていたけどそいつらに追いかけられている間にそんなの落としちゃったよ!」

「・・・なるほど。落としてしまったのならば仕方ないですね。しかし、困ったことになりましたねぇ。私達はそのオーパーツがとても欲しいのですが、流石にこの広くて入り組んでいる街の北西部をこれだけの人数で探すのもなかなか骨が折れますし・・・、さてどうしたものですかね」

 メルトはグリンデュアがそう言って悩んでいる姿を見て、もしかしたらこの人は話の通じる人かもしれないという淡い希望を抱いた。

「お嬢さん、疲れているところ大変恐縮なのですが、その無くしたおおよそ場所とか何か覚えていることはございませんか?僅かばかりの手がかりでもいいのですが」

「知らないよ!そいつらから逃げるのに必死だったからどこで落としたとか、どの辺を走っていたとかなんて覚えてられないよ!」

 メルトはそう言ってグリンデュアの後ろにいる見覚えのある三人のゴロツキ達を軽く睨めつけた。

(本当は奴らに見つかる直前にいた小屋の床下に咄嗟に隠したんだけどねー)

 少しほど前にメルト達は小屋で睡魔に抗えず寝ているところにこのゴロツキ達に見つかってこのゴロツキ達のアジトまで連れてこられた。しかし、オーパーツは小屋に踏み込まれる直前にメルトがゴロツキ達の手に渡らないように隠していたのである。そしてここへ連れてこられるまでゴロツキ達から身体のあっちこっちを触られたりしつこくオーパーツの場所を聞かれたりしたがずっと知らないふりをしていた。知らない男達に身体を触られるのは屈辱的だったが、男達がメルトの絶賛発達中の身体にはまるで興味がないかのようにオーパーツばかりを探して触ってくることはメルトにとってもっと屈辱的だった。そんなことでメルトは大変機嫌を悪くしたので絶対に何があっても場所だけは言うものかとここまで黙っていたようである。

 しかし、メルトはゴロツキ達の顔を見てどこか違和感を感じていた。オーパーツのことは何も知らないと突っぱねたにも関わらず、まるでメルトの反応などどうでも良いかのようにゴロツキ達はずっとニヤニヤと不気味な笑みを続けているのである。するとグリンデュアがゆっくりと口を開いた。

「さて、何も覚えていないとは困りましたね。しかし実は人間とは些細なことでも何かしら覚えていて、それらは何かをきっかけに思い出せるとか。少々心苦しいですがそちらのお二方も含めて少しばかり痛い思いをしていただければもしかしたら何か思い出していただけるかもしれませんねぇ」

 そう言うと今まで紳士的な落ち着いていた表情を浮かべていたグリンデュアの表情がとても悍ましい笑みに豹変した。メルト達は真っ当な人間が浮かべられるとは思えないその表情にゾワッとした寒気が背筋を駆け抜けた。

「さて、貴方たち、このお嬢様方が記憶を思い出せなくて大変辛そうなので思い出すのを手伝ってあげなさい。そうですねぇ、これくらいの年齢であれば爪を一つずつ剥いでいけば思い出しやすいのではないでしょうか?」

「へへっ、マスターも趣味が悪いですね」

そういうとゴロツキの一人が何か拷問器具のようなものを持ってメルト達にじわりじわりと歩み寄っていった。

1話に戻る
←前へ 目次 次へ→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です