蒼き星の守護者 第1章—[09]—[闇の中で生きる者達](3)

[闇の中で生きる者達](3)

1話に戻る
←前へ 目次 次へ→

 まずい!と思ったウィルは咄嗟に古代魔法”閃光”を大部屋に向かって放った。閃光によって大部屋にいた男達は目に強烈な刺激を強制的に入れられ、そのあまりの痛みに両目を抑えていた。その隙を突いてウィルはメルト達の縄を解き、一緒になって眩んでいる三人を抱えてギルドの建物の外へ急いで連れ出した。

「ぐわっ」

「くそっ、何も見えねえ!何が起きていやがる!?」

後ろから凄まじい光によって激しく目を痛めつけられたゴロツキ達の悲鳴が聞こえる。ウィルは早くこの場を離れなければいけないと思いメルトを背負ってアレンとサーシャを両脇に抱える形で急いで走っていた。流石に人三人を抱えて走るのは普通の人にとってはなかなか辛いことではあるが身体強化の魔法を使っていたウィルにとっては朝飯前のことだった。

「目が痛いよー!」「チカチカなのー!」

「何か起きたの!?わっ、誰かが僕の太もも触ってる!痴漢!変態!」

 閃光をまともに受けてしまった被害者はどうやらここにもいたようだ。そして先程から三人を抱えて必死に走っているウィルの集中をかき乱すかのようにギャアギャアと騒いでいる。メルトに至ってはせっかく助け出したのに痴漢呼ばわりしてくる始末である。そんな状態にウィルは悲しくなってきて、やっぱりメルトは置いていっちゃおうかなーとかよくない考えがよぎったりもしたがラスとの約束があるのでそれはやめることにした。

「はいはい、どうも心配してきてみれば厄介事に巻き込まれているメルトを必死の思いで助けに来た痴漢ですよ」

 痴漢呼ばわりがとっても傷ついたのか、ウィルは皮肉交じりにメルトにそう告げた。

「え!?え!?その声はもしかしてウィル君なの?どうしてこんなところに?」

 視力が未だに回復しないメルトはウィルの声だけでは確信が持てずに思わず本当にウィルなのかと聞き返した。一体ウィルが何故こんなところに?という思いもあるのだろう。

「メルトがまだ戻っていないって、ラスさんが心配してたから探してたんだよ。そうしたらこの街の北西部に向かう姿を見たって人がいてね。」

 実際にはウィルがマナの力を使ってメルとの位置を探索した訳だったが、細部はごまかして説明した。

「お兄ちゃん誰―?」「誰―?」

 ウィルと初めて会うアレンとサーシャは今自分を抱えて走っている人が誰なのかわからなかったので名前を訪ねた。メルトとウィルのやり取りから危ない人ではないと認識しているようだった。

「えーっとね、俺は君たちを助けに来た痴漢さんだよ!」

「助けに来てくれたの?ありがとー!」「チカンさんありがとうなのー」

 アレンとサーシャは早くもウィルに馴染んたのかウィルと楽しそうに会話をし始めた。その後ろからはメルトがウィル君のいじわる・・・と一人しょげていた。

「ところで、メルト達はどうしてあんな奴らに捕まってたんだ?」

 ウィルは三人を抱えて走りながら、メルト達がこんなところに居た理由を訪ねた。

「えーっと、それはね・・・」

メルトはセナおばさんの装飾品のこととかゴロツキ達に追われていたこと、捕まったこと・・・今までの出来事を全てウィルに話した。

「なるほど・・・ね。じゃああいつらはこの街の違法ギルド・・・闇ギルドのやつらで、そのオーパーツを探しているってことか」

 ウィルはメルトの話から、先程の連中がおおよそ何者なのかを予想していた。オーパーツというのは非常に多種多様な力を持っているが、中には非常に強力かつ危険な力を持っているものもある。そのため、国によってディガーという職種と技能検定が制定されているという事情がある。また、オーパーツがそのような性質を持つため、例え違法な手段を使ってでも入手しようとする集団は少なくはない。ウィルは今回の奴らもそういった集団の一つだろうと思っていた。

「ねえねえ、ウィル君ってオーパーツを探しているんだよね?オーパーツって一体どんな力を持っているの?」

「そうだなー、いろいろな物があるんだけど例えば火を起こすとか水を思い通りに動かすとか単純で安全なものもあれば、一時的に相手を思うように操ってみたり姿を消せるとか猛毒を生成するとか・・・、使い方によっては一つの国をどうにか出来てしまうものなんてものあるかな」

「うわー・・・そんなに危険なものもあるんだね」

「まあ、そういうのはあまり存在しないし、見つかっているものも貴族や国が独占して管理してるみたいだけどね」

 ウィルの話を聞いてメルト達もあの装飾品がどういったものなのか、何故ゴロツキ達がああまでして自分たちを捕まえようとしたのかがわかった。あのセナおばさんの装飾品も恐らく同様に危険な力を持ったオーパーツで奴らはそれを手に入れて自分たちで使おうとしている、あるいは売り捌こうとしているのだろう。そのような相手にあの装飾品を渡さなくて本当に良かったとメルトは思った。

「ウィル君、ところでこの後はどうするの?奴らもこれくらいじゃ懲りなさそうだけど・・・」

「とりあえず、この建物から出て右の路地にラスさんがいるから、合流して一緒に大通りの方まで逃げよう。そこまで行けば奴らも今は流石に追ってこれないと思うし」

「お姉ちゃんも来てるの!?」

「メルトのことすごく心配してたよ。早く無事な姿を見せてあげないと!」

「そっか・・・。うん、そうだね!」

 メルトはここに来るだいぶ前の、ラスに一方的に自分の不満をぶつけて飛び出してきてしまったことを思い出して後悔していた。そして、そんな自分を心配してこんな危険な所にまで来てくれたことを嬉しく思っていた。

「あ、ウィル君。もう目も回復したし自分で走れるから私は下ろして大丈夫だよ!」

 建物から出てしばらくしたところでメルトは不意に今自分がウィルに背負われている状態であることを思い出した。ウィルは別にこのままでも大丈夫だと伝えたが、流石にウィルに負担をかけるのも申し訳ないと思ったのでメルトはウィルに降ろしてもらい自分で走ることにした。

「俺達ももう自分で走れるよ!」

「本当かい?無理はしなくて大丈夫だよ。えーと・・・」

「俺アレン!」「サーシャなのー!」

 そういえば二人の名前を聞いていなかったと思ったウィルにアレンとサーシャは元気に名乗った。二人はまだ幼いので体力面などで心配だったが、ウィルも両手が使えたほうが何かと皆を守りやすいと思ったのでアレンとサーシャも下ろすことにした。

「よし、じゃあ皆もう少しだけ頑張ろうか!あそこの路地にラスさんが待っているはずだからそこまでもうひと踏ん張りだ!」

「「「おー!」」」

 そういって四人はラスを待機させいていた路地に向かって駆けていった。ラスが待っている路地は建物からそう遠くない位置にあったためすぐに来ることができた。しかし、その路地にラスの姿は無かった。もう少し建物から離れた方へ行ったのかもしれないと四人で少し探してみたりもしたが、ラスを見つけることはできなかった。どこに行ったのだろうかとラスの行方について考えていたそのとき、路地の更に奥にあるちょっとした広場の方からラスの声が聞こえてきた。

1話に戻る
←前へ 目次 次へ→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です